メインイメージ

時期はどれくらい

トイレつまりの時期はどれくらいか

トイレつまりは、いざ起こるとかなり深刻な問題となります。トイレは使用頻度が非常に高い設備ですので、トラブルが起こる可能性も全く無いとは言えません。そのトイレのトラブルで多いのが、トイレつまりです。よく、トイレが流れない、という状態の事です。しかし、こればかりは時期を知る、という事はなかなか難しいものです。トイレつまりの場合、紙つまりが原因となる事が多いですが、紙の量だけ問題にしても、普段から紙を多く流す人もいるでしょうし、たまたまその時だけ紙をたくさん使っただけかも知れません。また、紙をたくさん流したからと言って必ずトイレつまりが起こる訳でも有りません。むしろたいていの場合、紙つまりが起こる事の方が珍しいとも言えます。それでも全くトイレつまりが起きないかといえば、どこのトイレでも起こる可能性は有ります。では、その特定しづらい、トイレつまりの時期ですが、可能性が高くなる時期というのは考えられます。トイレつまりの原因で多いのが紙つまりですが、トイレの紙を多く使う場面を考えてみます。例えば、子供が小さい時期は、赤ん坊の時はおむつ以外でもトイレットペーパーを使う頻度は高くなるでしょう。また、子供がまだ自分でトイレを使うのに慣れていないと、紙を余計に使って流すかも知れません。それ以外に、地震などでトイレの配管自体が変形したり、接続がずれたり、抜けてしまう、という事も有ります。

また地震の影響が無くても、配管の下の地盤は造成地の場合、徐々に沈下するのは珍しい事では有りません。よく建物を見ますと、家の一番下である、基礎の横に地面がモルタルの場合、基礎と地面のモルタルの接している部分に細いモルタルの横筋が付いている場合が有ります。これは横筋の部分が元のモルタルの有った地面の高さで、今のモルタルの高さとの差の分だけ建物周囲の地盤面が沈下した事を意味しています。なぜそうなるかと言いますと、建物の場合は地中のある程度の深さまで基礎を施工しますが、その周囲の配管のある地面は配管の有る場所では、配管の下の数十センチの深さだけに砕石や砂で基礎を作っていますので、それより深い部分が沈下すると、つられて配管自体が下がってしまいます。これは一般的な土の特徴で、盛り上げた土の場合、いくら頑丈に締め固めても粒子が後で詰まったり、移動したりして高さが下がるのはごく当たり前の事だからです。このような状況もふまえてトイレつまりの時期を想定しますと、古くて、地面を盛り上げて造成している土地の場合、早ければ建築後数年で配管部分は沈下し始め、数十年もすると配管の勾配が無くなって排水が滞ってトイレなどがつまってしまう事が有り得る、という可能性が考えられます。

Copyright© 2015 トイレつまりにも評判のいい業者があります All Rights Reserved.