メインイメージ

解決する用品

トイレつまりを解決する用品

トイレは日常的にかなりの頻度で使用しますし、いつトラブルが起こるか分からない上、いざ何かあると即生活に支障をきたす程重要な設備です。そのトラブルの中でも起こる確率が高いのがトイレつまりです。主な原因は紙を多く流してしまったときにおこる紙つまりですが、ティッシュを流したり、子供がおもちゃなどを落としたまま気づかないで流してしまった時などもつまりやすいです。またつまる場所は、便器の奥のトラップと言う、においの逆流を防ぐ排水経路の曲り部分が多いです。このトイレつまりには専用の対処用品が昔から存在します。

トイレつまりを解消する用品でよく目にするのは、ゴム吸盤を押し付けてから引っ張る事で中につまった物を引き出す、ラバーカップ式のものが一般的です。そしてその仕組みをさらに発展させた、レバーをポンピングして本体を真空にする事で、つまった物を水ごと引っ張り出す真空ポンプ式の物も手ごろな価格で販売されています。これらはつまりの原因物を直接崩さずに、水と一緒につまった物を吸い上げるような仕組みになっています。実際に軽いトイレつまりはほぼこの道具で直ってしまいます。しかし、もっと頑固なつまりには、これらとは別に直接つまった物を崩してつまりを解消する用品が有ります。例えば、長いワイヤーにブラシなどが付いているものが有ります。このような製品は直接つまったものをこそぎ落としますので、より確実にトイレつまりを直す事が可能です。

さらに、やや専門的になりますが、高圧洗浄機に配管洗浄専用のホースを取り付けて、高い水圧でつまりを直接崩して流す方法も有ります。このようなホースは高圧洗浄機本体を扱っているホームセンターなどでも店頭に在庫しているとは限りませんが、注文してもあまり日にちは掛からないでしょう。そして、この方法でトイレつまりを直す時に注意する点ですが、便器側からホースを入れる時に、ホースの入りが浅いと、便器内の水が吹き戻されて逆流し、周りが水浸しになりやすい事です。そうならない様にするには、ある程度奥にホースを挿入してから高圧洗浄器を動かすと水の逆流は防止できます。しかし、むやみにホースを奥に入れ過ぎるとトラップの部分に引っ掛かって抜けななる場合も有りますので注意が必要です。また、専門業者が使用するような、先端部分からホースの手前側に水を逆噴射して洗浄しつつ、ホース自体が自走する高圧洗浄機用のホースも有りますが、価格は安くはないです。

Copyright© 2015 トイレつまりにも評判のいい業者があります All Rights Reserved.